■2020年9月19日

リフト・ゴンドラ業界のページ、更新しました。

MNDのCIが新しくなり、組織改編が行われました。

■2020年8月25日

降雪機のページ、ちょっとだけ更新しました

 

■2020年8月3日

<圧雪車のページ>
作業に役立つクローラーダンプの画像を追加しました。

 

<スキー場のコロナ対策のページ>

情報更新しました

8月20日に第2回スキーリゾート研究会が開催されます。

スキー場関係者の方は是非ご参加ください。情報を共有して日本の山岳リゾートをより良い形で活性化しましょう!

https://www.jtb.or.jp/research/network/ski-resort/

 

■2020年7月1日

アライアンスなどの世界の情報ページ

追加しました。

 

■2020年6月23日
下記のページ更新しました

圧雪車・スキー場リニューアル・コロナ対策

ゲートシステムのページを追加しました。

スマートフォン向けも一部オープンしました。

 

--------------

■2020年6月22日 <サイト仮オープン>

PCサイトのみ仮オープン

スマートフォン向けは後日オープンします

このサイトの趣旨

日本の山岳リゾート経営者・関係者向けの情報サイトです。

------------------------

日本はアジアNo.1のスキー王国です。

スキー場の数は400以上あり、降雪量もアジアでは最大、

欧米に比べても引けを取りません。

 

スキーの歴史も長く、オーストリア陸軍のレルヒ少佐が日本でスキーを広めたことは

よく知られた話かと思います

 

大都市東京から2時間以内でアクセスできるスキー場も多く

アメリカやヨーロッパの大都市に住んでいる人たち比べると

日本人はスキー・スノーボードに行きやすい環境にあるといえます。

 

そんなスキー場ですが、1998年をピークに入場者数は右肩下がりに。

近年、いくつかのスキー場は閉鎖されました。

 

しかし、アジア圏で一番良い雪質のある日本は、中国・東南アジアの人たちからは

「一度は行きたい場所」として注目を浴びています。

 

日本のパウダーが良質ということが欧米にも広まり、

「JAPOW」=Japan Powderという言葉まで広まり、日本には一度スキー・スノボに行きたいと、欧米の雪山ファンたちがいうようにまでなりました。

 

しかし

日本のスキー場は海外から来たスキー・スノーボーダーから

びっくりされることが多いのです。


それは、リフト・ゴンドラを含む、機材の古さです。

日本はバブル期に投資されてできたスキー場が多く、

当時建設したリフトやゴンドラが主流で、

いまだに架け替えられたりしていないからです。

 

このサイトでは、欧米の例を主に、最新のリフトやゴンドラを紹介していきます。

スキー場経営者、オーナーが、

今後「こんなスキー場にしていきたい」

なんて夢を持ってもらえればと思います。

 

元アルペンスキー日本代表

平澤岳

サイト制作・運営:平澤岳

問い合わせ先:goldpeaks@gmail.com